Published on

バタフライキーボード 第3世代レビュー ~ from タイピング音大

Authors

私はキーボードのタイピング音が大きいWEBエンジニアです。本業ではタイピング音を気にして薄めのキーボードを使用していますが、キーボードのタイピング音についてはうるさい方だと自負しています。

そんな私が第3世代のバタフライキーボード(MacBook Pro 2018)で一日1 〜 4時間くらいずつ数年程度使い続けて感じたことをお伝えします。

はじめに ~ 私の基本スペック

私はキーボードのタイピング音が大きいWEBエンジニアです。本業ではタイピング音を気にして薄めのキーボードを使用していますが、キーボードのタイピング音についてはうるさい方だと自負しています。

というか、本業では隣の席の可愛い後輩からもキーボードのタイピング音がうるさいと言われていました。

特にエンターキーを押した時がうるさいと言われますが、

いやいや、待ってよ。エンターキーよりもスペースキーの方がうるさいでしょ!ほらっと

スペースキーよりもエンターキーを押した時の方がうるさいのでその点だけは訂正させてもらいましたね。

まぁ、うるさいことには変わりないです。。。

バタフライキーボードについて

バタフライキーボードと一言で言っても第3世代まであり、それぞれモデルが異なるので、まずはバタフライキーボードについて軽く紹介しておきたいと思います。

バタフライキーボードの世代

バタフライキーボードの世代と搭載のMacBook シリーズは以下です。

モデル世代
MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)第1世代バタフライキーボード
MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)第1世代バタフライキーボード
MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)第2世代バタフライキーボード
MacBook Pro (13­-inch,15-inch 2016)第2世代バタフライキーボード
MacBook Pro (13­-inch, 15-inch, 2017)第2世代バタフライキーボード(2016版とは若干違う)
MacBook Pro (13­-inch, 15-inch, 2018) MacBook Air (13­-inch, 2018)第3世代バタフライキーボード

今回のレビュー対象は第3世代バタフライキーボード。

不具合

バタフライキーボードはキーボードを極限まで薄くすることを実現したのだが、薄さと引き換えにある致命的な不具合があります。

それは小さなホコリやチリに対する耐性が圧倒的に低く、キーボードの誤作動の多さから訴訟問題になり、前世代については無償修理対象になっているくらいです。

そんな致命的な不具合を持つ、バタフライキーボードだが私の第3世代バタフライキーボードでは今のところ誤作動等は発生していません。

※無償修理対象についてはMacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムへ。

私の使用感

ここからは私の個人的な使用感をお伝えします。

結論から言うと私は第3世代のバタフライキーボードは好きな方です。しかし、完全に気に入っているかというとそうでもないというのが事実ですかね。

ざっくりとですが、私の総評は以下の感じです。

第3世代のバタフライキーボード総評

  • 打ち心地が良い
  • 打音は静かで良い
  • 指を大きく動かす必要がなく良い
  • キーボードの反発が少なくて違和感がある
  • 指が引っかかりストレスになる
  • 矢印キーが打ちづらい

打ち心地は良い

打ち心地については、良いと思っています。

こんなにも薄いのに関わらずキーボードを押した感覚がしっかりとあり、キーを押した時の感覚がプチプチを潰した感覚に似ている気がします。

故にリズミカルにタイピングを続けることができている間はストレスが抜けていく感覚はありますね。

逆にタイピングミスが続くと非常にイライラするのは事実だが、これは私のタイピングが下手なだけなので、腕を磨くしか。。。

また、指の痛みについては今のところは特に感じません。バタフライキーボードは良くキーボードをなぞるように打つ人には合うがキーを叩くように打つ人には向かないというのを聞くが私は後者です。

キーボードを激しく叩くし、キーボードの上で指を激しく躍らせながら打つので、なぞるように打つということは非常に難しい。それだけで、バタフライキーボード不適合者な感じはするが、数年ほど使っても今のところ大丈夫。

念のために補足しておきますが、私は痛みに鈍感なわけでも、指が異常に強いわけでもありません。1年ほど前までマウスが原因で、腱鞘炎が発生し手首を動かすたびに激痛が走っていたが、エルゴノミクス系のマウスに切り替えて今は解消されてます。

キーボードの反発が少なくて違和感がある

キーボードが薄いのにしっかりと押した感じがするというのは非常に良い点だと思っています。しかし、その後が良くないようにも感じます。

深めのキーボードに慣れているというのが大きいのでしょうが、私の場合キーを入力した後キーを入力する前の位置まで指がジャンプしてくるという感覚が染み付いていています。

高いところから指を下せばその位置まで指がジャンプしてくるし、低い位置であればその位置かもう少し高いところまで。それが、バタフライキーボードの場合はほとんどジャンプしてこない。

故に押した後の次の動作に若干影響が出やすく、自分の考えているタイピングリズムとほんの僅かにズレが生じ、違和感が残ってしまっています。

矢印キーが打ちづらい

最後はこれ。矢印キーが小さすぎて打ちづらい。

左右キーについては、妥協はできるが上下キーは通常のキーの半分なので、打ちづらくて仕方がない。

上下キーの動作はトラックボードでカバーできるから使わなければ良いだけなのかもしれないが、日頃から矢印キーを使う側からすると非常に困る。

私の場合は不具合は今のところ発生していないのだが

Touch Barの反抗期はちょこちょこあるものの、私のバタフライキーボードは今のところ何の不具合も発生していない。 [st-card id=555 label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="on"]

Appleのコメントでは、第3世代のバタフライキーボードは「静音化」のためにキー一つ一つが薄いシリコンの膜で覆われており、シリコンの膜で覆われていることにより、埃や塵に対する耐性も多少なりとも上がっていると思われる。

キーボードの内部構造について気になる方は以下をどうぞ。 https://www.youtube.com/watch?v=2tbVDV1xdQI

しかし、海外では旧世代と同様の問題が発生しているとの報告が上がっていたりするので、同じような不具合に遭遇する可能性がある。

遭遇する可能性があるから、できることは

第3世代バタフライキーボードであっても、旧世代と同じような不具合に遭遇する可能性は十分に考えられる。記事執筆時点では、第3世代バタフライキーボードは無償修理の対象外だが、仮に無償修理の対象になったとしても大事なMacBook Proを数日間手放すことになるので、そんなことは私にはできない。

そのため、現在できる最大限の対策はバタフリキーボードを使わないということでしょうか。

これを実現するためには「外付けキーボードをを購入」して、バタフライキーボードに依存しないスタイルを確立する。

現在はMX KEYS for Mac(KX800M)を使用してタイピングをしています。

まとめ

第3世代のバタフライキーボードは打ち心地が良く、お気に入りな方です。。しかし、キーの戻しが少ないことにより、深めのキーボードを使っている時と比べて違和感を感じるので、好き嫌いが分かれるのも納得です。

よって、バタフライキーボード向きな人は以下のような人だと思います。

こんな方におすすめ

  • 浅めのキーボードが好き
  • タイピング時の無駄な動きを減らしたい
  • 静かなバタフライキーボードが良い
  • 長時間のタイピングはしない
  • プチプチが好き
  • MacBook Proでドヤ顔したい

バタフライキーボードの故障率については非常に気になってはいるので、今後も様子を見ていきたいと思う。